静岡天満宮の所蔵品
トップページ > 静岡天満宮の所蔵品 > 静岡天満宮の銅鐸

1-1.加茂岩倉遺跡の銅鐸

平成8年10月14日、島根県雲南市加茂町岩倉において、農道工事中に大量の銅鐸が発見された。
45センチ前後のものが20個、30センチ前後のものが19個、計39個の銅鐸が一度に発見されたのである。

銅鐸は、2メートル×1メートル四方の、ちょうど畳1畳分くらいの穴の中に、きちんと並べて埋められていたと想像されている。大きい銅鐸一つの中に小さな銅鐸一つを入れた「入れ子」の状態で埋められていたものが12組あり、他3組も「入れ子」だったと推定されている。

一箇所からの出土数は全国で最多であり、これらの銅鐸は、平成20年7月10日、まとめて国宝に指定された。 同じ鋳型で作られた、いわゆる兄弟銅鐸のことを同笵銅鐸というが、加茂岩倉遺跡で発掘された39個の銅鐸だけについてみると、18個の銅鐸について7組の同笵関係が認められる。※1
また、加茂岩倉銅鐸と同笵関係にある銅鐸は、各地で10個以上発見されており、その分布は兵庫、徳島、大阪など、広範囲にわたっている。そのうちの一つが静岡天満宮の所蔵する銅鐸である。

銅鐸
※➀~➂の写真は、「加茂岩倉遺跡ガイダンス」(最終アクセス:平成28年11月2日)に掲載されている。
※ ➃の写真は、加茂岩倉銅鐸39個の埋納状態の想像図のひとつ
(吾郷和宏(加茂町教育委員会)「加茂岩倉遺跡の現場から~二千年の時を掘る」
(アサヒグラフ別冊『銅鐸の谷-加茂岩倉遺跡と出雲』(1997年11月)

※1:島根県教育委員会・加茂町教育委員会『加茂岩倉遺跡』(2003年3月)

1-2.静岡天満宮の銅鐸

静岡天満宮の銅鐸
梅天神

静岡天満宮の所蔵する銅鐸は、江戸時代後期に奈良県北葛城郡上牧町観音山で出土したとされている。
銅鐸を納めた箱書きには、文化初年(1804年~)に譲り受けた旨が書かれている。
大きさは、高さ30センチ、底部(裾)の長径が15.6センチ、短径が11.8センチ、上部(舞)の長径が10.9センチ、短径が7.8センチで、重さは約2キロである。

その形状・文様から「外縁付菱環紐袈裟襷文鐸」と呼ばれている。
その文様は「四区袈裟襷文」と呼ばれている。この銅鐸は、加茂岩倉遺跡で発見された銅鐸のひとつ(17号銅鐸)と同笵関係にあることが確認されている。

加茂岩倉銅鐸と同笵関係にある銅鐸が奈良県で出土したことは、出雲勢力と畿内勢力を直接に結ぶ証拠のひとつとして注目されている。つまり、弥生社会の市域共同体が、戦いや連合を繰り返しながら広域の連合国家に成長し、やがて統一政権誕生へと進展し大和朝廷が成立していく過程を想起させるのである。 ※4
静岡県指定文化財であり、現在、静岡市立登呂博物館に保管・展示されている。


※4:静岡市立登呂博物館副主幹 中野 宥氏(静岡天満宮ホームページ)(最終アクセス:平成28年11月2日)

1-3.静岡天満宮への伝来

須恵器「平瓶」

静岡天満宮の銅鐸は、静岡市の安倍川付近の宮崎家から寄贈されたと聞いている。
静岡には「三崎」(さんざき)という三軒の富豪がおり、宮崎家はそのひとつだという。 ※5
神戸大学経済経営研究所がデジタル化した過去の新聞記事のうち、時事新報の大正5年3月29日から10月6日までの記事の中に、「時事新報社第三回調査全国五拾万円以上資産家」というのがある 。※6
それによると、静岡県からは18名の「富豪」がピックアップされており、その中に、小笠郡掛川町の山崎健太郎氏、静岡市茶町の尾崎伊兵衛氏と並んで、安倍郡大里村の宮崎喜久太郎氏の名前がある。

彼らの家が「三崎」と呼ばれた家系なのであろう。同記事によると、宮崎氏は「曾て貴族院議員たりしことあり静岡実業銀行専務取締役にして又長田貯蓄銀行、日本耐火製材株式会社の重役たり齢四十八、家に古器、書画の所蔵多し」とあるから、静岡天満宮に寄贈された銅鐸を所有していたとしても不思議はない。

それでは、江戸時代後期に奈良県で発掘された銅鐸が、どのようにして宮崎家に所有されることになったのだろうか。想像するしかないが、何らかの形で好事家の手から手へと渡っていったと考えるのが自然だと思われるのである。


※5:前宮司鈴木嚴夫からの伝聞
※6:神戸大学経済経営研究所 新聞記事文庫